草月流いけばな  指導 北島里夏(草月流1級師範顧問)

 

概 要

                  

2012年4月より、北鎌倉の古民家にて、いけばなの魅力を現代の暮らしの中にお伝えしたく、草月流のいけばな教室を開いています。

お教室の机の上だけでなく、掛け花として壁に、吊り花として軒先に飾る作品、床に置いて上から眺める作品、庭にいける作品、階段に飾り下から見上げる作品、お客様への迎え花など、古都鎌倉ならではの様々な空間を楽しみながらのお稽古です。

 

     

草月流のいけばなは、「いつでも、どこでも、だれでも」。「花はいけたら人になる」という言葉があるように、100人100様のいけばながあります。各自の個性を大切に育みながらのお稽古です。

 

日本の伝統文化であるいけばなを、現代の生活の中のいけばなとして、お稽古をしてみませんか。

    

私自身、東京から始まり、ロスアンジェルス、ニューヨーク、ロンドンにて草月流のいけばなを続けてきました。いけばなは、海外でもIKEBANAとして広く認識されています。海外に住んでいた数年間に、いけばなを続けながら、ニューヨークでは、ブルックリン植物園にてアメリカンスタイルのフラワーアレンジメントを、ロンドンではCapel Manour Collegeにてモダンデザイン(the Best student受賞)とNAFAS Level4取得、そして、Writtle Collegeではヨーロピアンスタイルだけでなく世界中のフラワーアレンジメントの現状を学び、ベルギー、ドイツなどで現地のフラワーショーを見たり、ワークショップを受けて勉強してきました。この数年間は、海外で「いけばな」がいかに理解され、フラワーアレンジメントの中に取り入れられているのか、いけばなの魅力を再発見した時となりました。   

           

 2013年4月より、草月流本部教室助手として、いけばなの仕事に携わっています。

日本語以外に英語・フランス語での指導も致します。

鎌倉観光の折に、古民家でのいけばな体験も、随時、お受けしています。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画面右下の[ログイン]をクリックしてパスワードを入力してください。 

編集画面にログインすると、[+ボタン]をクリックしてお好みの項目を追加できます。